ミスズライフ

農業法人・ミスズライフ

GREENHOUSE
自社農園直送 新鮮な野菜や果実の販売、スムージー&ガレット

新鮮野菜直売所 Hollyhock
ぼかし肥を使った野菜栽培の新鮮野菜直売所

一粒万平
キノコと野菜のこだわりレストラン

一粒西海
軽井沢で栽培された自社製粉蕎麦

一粒新宿
自社栽培のきのこと野菜をふんだんに使ったごちそう蕎麦

北信濃味だより
ギフト通信販売をご希望のお客様は、こちらをご覧下さい

HOME > 農業法人・ミスズライフ > ミスズライフの願い

万葉のむかし、信濃の国は「みすずかる」という枕詞で表現されました。みすず、すなわち篠竹や笹が藪をなす、都から遠く離れた山あいの地。先人たちはそのみすずを刈って農地を拓き、農業や生活文化を幾世代にもわたってつないできました。信濃の地に今も息づく豊穣の風景と、創意に満ちた農業、そしてそこから生まれる豊かな食文化を未来へつなぐ力になりたい。それが、農業生産法人ミスズライフの願いです。

信越の美しい山並みと千曲の流れに寄り添って

わたしたちミスズライフは、「みすずかる信濃」の地に根ざした、農産物の生産に基軸を置く“農業生産法人”です。1991(平成3)年、北信濃でブナシメジの生産をスタートさせて以来、日本の「農業」と「食文化」の今と未来を常に見据え、「自分たちにできること」を、ひたすらまじめに、熱心に追求してきました。

めざしてきたのは、地域の自然風土に根ざし、技術開発力を駆使しておこなう循環型の農業。そして生産の現場から発想し、創意を生かした農産物の流通や販売の新しいかたちです。

わたしたちの生産拠点は、千曲川流域に広がっています。「北信五岳」と呼ばれる美しくも険しさをたたえて連なる信越の山並み、そしてその底をゆったりと流れる千曲の川筋。わたしたちの祖先は、その恵みである豊かな水と肥沃な大地をいただき、豪雪で知られる信越の厳しい気候と闘いながら「農」をつなぎ、美しい村と暮らしを守ってきました。それを次の世代へとつないでいくことが、わたしたちの役割です。

新時代の技術とシステムを最大限活用することで、より安く、より安全で、より安定した農産物の供給を図るとともに、環境にやさしく、地域と共生する、「農」の新しい循環システムを確立させてゆきたいと願っています。

ページ先頭へ